一人で没頭できる仕事

未経験からプログラマーになるまでの王道パターン | 短期スクールで賢く転職の幅を広げる

プログラマーまでの王道ルート

プログラミングと聞くと専門的な知識が必要でマニアックな仕事に思われがちですが、実際は、特に資格等を持っていなくても多少の知識を身につければ誰でもチャレンジできる仕事です。

また、現在ではスマホアプリやIoTの普及などによりIT関連の仕事が急増しており求人の規模も右肩上がりに上昇しています。

 

プログラマーの将来性

求人ニーズが増加する反面、深刻な人材不足が予想される(出典:経済産業省 )

やじるし

現在活躍しているプログラマーのなかにも未経験から始めた人が多数在籍していますし、その大半がプログラミングスクール等で学んで短期間で転職に成功しています。

初めてプログラミングに興味を持ったという人は、スクールが開催する無料のオンライン説明会でプログラミングのいろはを知っておいて損はなさそうです。

プログラマーという仕事には将来性があり、未経験の人でも活躍できます。こちらの記事ではプログラマーの給料の相場や仕事内容についても詳しくご紹介します。

 

この記事のポイント

  • 未経験からプログラマーになるにはまずはスクールからスタート
  • 就職サポート付きで信頼できるのはヒューマンアカデミー
  • 1人で黙々と仕事したい人には向いてる仕事

 

全くの未経験、30代からプログラミングの仕事に就くには?

必要な知識をスクールで学ぶ

未経験でプログラミングの仕事に就くには、 必要な知識が学べる、就職に有利なスクールに入会するのがベストです。

独学で学ぶという手段もありますが、必要な知識が分からない、目標が立てにくい、就職先を見つけにくいなどのデメリットがあるのであまりおすすめはできません。

また、どういったスクールを選ぶのかも転職の満足度を上げるにはとても重要な要素。スクールを選ぶ際の大事なポイントを紹介します。

 

スクール選びのポイント

  • 需要のあるプログラミングスキルが学べる
  • 短期で低価格なスクール
  • 転職のサポート体制が充実している

プログラミングスクールについては全国に数多く存在しますが、そのなかでも上記をクリアしているのはヒューマンアカデミーです。

一人ひとりにあった個別サポート、余裕を持った修了プラン、全国115社の企業と提携。国内のスクールでヒューマンアカデミーほど未経験者に寄り添ったスクールはありません。

\就職内定率90.7%/

ヒューマンアカデミー

好きな時間に学べる

無料オンライン説明会はこちらから

※就職先提携企業 115社

 

プログラマーにはどんな人がなれるの?

プログラマーになれる人はどんな人?

冒頭でもお伝えしたように、プログラマーには特別な資格も必要ありませんし、最終学歴も問われません。実際に中卒、高卒のプログラマーも一線で活躍しています。

求人の規模も急増にに増加しているということから、各企業としてもプログラマーなどの技術者の確保に追われている状況です。

そのため未経験の人でも積極的に採用する傾向がかなり強く現技術者の80%以上が未経験の状態から始めたとされています。

そもそもプログラマーとはどんな仕事?

「パソコンと向き合い1つずつプログラムを組み立てていく仕事」

プログラマーと聞いても実際どんな仕事をするのか?これまでそういった関係の仕事をしてきていなかった人にはイメージしにくいかと思います。

会社やチームから与えられた成果物に対してコツコツとプログラムを組んでいきます。1日で完成するものもあれば、1ヶ月、2ヶ月とかかるものもあります。

また、プログラミングは料理に似ているとよく言われます。

料理を作る過程では以下のようなことを考えながら作っていくかと思います。

プログラミングは料理に似ている

  1. 何を作るか?
  2. どんな材料が必要か?量は?調理器具は?
  3. どういう過程で作っていくか?

プログラミングでも同様に上記の過程をとおして成果物を作成していきます。

どんな風に動かしたいか、それを動かすためには何の言語を使うか、どのような手順で組み立てていくか…。

大事なのは、最終系をイメージしながら1つずつ積み上げていくこと。

パソコンに向かって1人黙々と地道にコツコツ続けられるひたむきさが必要となります。

プログラマーの種類

プログラマーの中にもいくつかの種類があります。

プログラミングに使う言語やプログラムを動かす場所(ネットやアプリ)の違いがあります。

Web系プログラマー

インターネット上でのプログラミングを主として活躍するプログラマーです。

ホームページを作成したり、楽天やアマゾンのようなショッピングサイトの構築をしたりとプログラミングとしては動きの少ないもの作成します。

アプリ系プログラマー

スマホアプリには、ゲームや写真加工アプリ、SNSなど色々なアプリがありますが、そういったものを動かしたり、開発したりするのがアプリ系プログラマーです。ゲームアプリなどの動きの多いプログラミングを構築します。

IoT系プログラマー

現在特に需要がある種類のプログラマーです。

エアコンや電気、テレビなど家にある様々なものがインターネットに繋がって便利になっています。そういった「モノのインターネット」を実現させるのもまたプログラミング。複雑な設計を求められるプログラミングですが、それだけ技術者も不足しており、各企業としても人員確保に必死なようです。

未経験から始める人はweb系かスマホアプリ系からスタートする人が多いようです。

プログラミングの仕事に就くための王道パターン

最低限の必要なスキルを学んでから就職探し

いよいよ本題です。実際、未経験からプログラマーの仕事に就くまでにはどのような手順を踏んでいるのかみてみましょう。

まずは、最低限プログラミングの知識をつけなければいけません。

もちろん全くの未経験から雇ってくれる会社もありますが、研修期間中に一定のレベルまで達していなかったら解雇されるなど厳しい条件となることもあるので少しでも知識を身につけてから就職をします。

プログラミングを学んで即戦力になるには?

プログラミング未経験の人が学ぶには主に3つの方法がありますが、あなたが既に社会人であり、何度か転職を繰り返しているのであれば短期のスクールに入会して学ぶのがベストかと思います。

1.大学や専門学校で学ぶ

あなたがまだ10代や20代前半で、お金も十分にあるのであれば大学や専門学校で本格的に学ぶことをおすすめします。大学や専門学校では単位としてプログラミングを学ぶことができ深い知識を習得できます。

ただし、年単位で習得していくので時間が掛かる、実践的な教育というよりは基礎を深く知る、即戦力としての知識になりにくいといったデメリットがあります。

2.スクールで学ぶ

短期間で即戦力としての知識を身につけたい人にとってはプログラミングスクールに通うのがおすすめです。

また、大学などとは違ってオンラインセミナーやネット上での説明会、複数の企業と提携しているスクールもあり専門的な就職相談ができることなどメリットが多くあります。

さらに、最終目標が「入会者の転職」となっているため、短期間で即戦力になれるようカウンセリングを含め、全面的に転職をサポートしてくれるスクールが存在します。

3.独学で学ぶ

プログラミングは、書店などで市販されている参考書や問題集などを使って学ぶこともできます。

独学で学ぶメリットとしては、自分の好きな時間を使って仕事の合間や移動中など場所や時間を選ばずできるほか、いつまでにやらなければいけないといった期間の制限もないので気楽に学べます。

ただし、移り変わりの激しいIT技術のなかで最新の情報が入りにくいこと、仕事として扱えるだけの技術を独学で学ぶ精神力が相当必要といったデメリットがあります。

最短で就職するなら「転職サポート付きスクール」がおすすめ

プログラミングの右も左もわからない状態では就職先を選ぶこともできません。

基本は就職サポート付きのスクールに入会するといいでしょう。

無料で就職サポートを受けられたり、クローズドな企業説明会などオフレコで参加できることもあります。

見出し→転職サポート付きスクールで数ヶ月学んでプログラマーへ

現在プログラマーとして活躍する多くの人は未経験から始めているそうです。

また、その人たちの大半が転職サポート付きのスクールでプログラミングの知識を学び就職までたどり着いています。

未経験からのプログラマー転職ならヒューマンアカデミーがおすすめ!

プログラミングスクールのなかでも特に転職に力を入れて、オンラインで学べるスクールを紹介します。

プログラミングスクール

「ヒューマンアカデミー」

ヒューマンアカデミー

→就職サポートで選ぶならヒューマンアカデミー(115社と提携)

スペース

無料オンライン説明会の詳細

※就職内定率90.7%

スペーススペー

ヒューマンアカデミーでプログラミングを学ぶには

 

 

-一人で没頭できる仕事
-, , ,

© 2021 ワークエッジ Powered by AFFINGER5