中途入社3ヶ月だけど続かない退職

退職準備

面接官も納得!中途入社の会社を3ヶ月で退職した理由

中途で入った会社を3ヶ月も経たないうちに辞めたい…。

次こそ長続きするぞと意気込んで入社したものの想像以上のストレスで短期で退社してしまう人も珍しくありません。

特に、中途で入社した人は自分だけで就職活動をしたケースが多くなかなかうまくいかないのが現実です。

 

新卒のように学校の先生や就職支援など「プロの力」を借りたという人の方が少ないかと思います。

こちらのページでは、短期で退職してしまう理由辞めた後のリスク安定を得るための準備などについて詳しくご紹介します。

この記事に書かれていること

  • 苦しんでいるのはあなただけじゃない!
  • 辞める理由(本音と建前え)
  • 短期で辞めるとどうなる?
  • 次の転職で大事なこと

転職3ヶ月後に悩んでる人は多い

悩んでる人は多い

職場の雰囲気、人間関係、給料面など3ヶ月もすれば大抵のことが分かってきますよね。

そこで訪れる「不安感」は誰しもが感じる最初の試練といっても過言ではないでしょう。

入社3ヶ月後に苦しんでいる人は多いですし、なかには乗り越えられない人も…。

転職3ヶ月で会社を辞める理由で多いのは?

最初の3ヶ月で抱えるストレスとして多いものを紹介します。

感じやすいストレス

  • 入社前に聞いていた内容と違う
  • 職場の雰囲気が最悪
  • 上司と合わない
  • 仕事が合わない
  • 自分には合わないと第6感で感じる

入社直前で配属場所を変更されたり、残業などの条件が違うなど(本来あってはいけないことですが)よくあることです。

また、上司との関係も含め職場全体の雰囲気と合わなかったり、仕事内容自体にやりがいを感じないといったこともあります。

人それぞれ感じ方は違いますが、最初の3ヶ月が辛い時期となるのは皆おなじのようです。

次の面接で使える!転職後3ヶ月で仕事を辞めた理由

次の面接で伝える退職理由としては少しでもポジティブな印象を与えられるようにしましょう。

基本的なスタンスとしては、

  • 自分の行いが悪いのが原因
  • 上司や同僚を悪く言わない
  • 言い訳をしない
  • エピソードは3つまで(手短かに)

に注意しましょう。

職場の問題が改善されなかったから

職場で問題があり、改善の提案をしたが改善されなかったため意欲を失ってしまった。(その問題は会社の利益に反するもの)

上司からのパワハラが原因の場合

上司からの指示を完遂させることができず上司から叱責受けることが日常的になってしまい意欲を失ってしまった。(上司からの指示を完遂させることが不可能なものとなるように誇張する)

→完遂できなかった自分が悪いといったニュアンスにする。

職場に馴染めなかった

職場の同僚たちを怒らせてしまい、仲間の輪に入ることができず部署全体の仕事効率を下げてしまうことを懸念し退社した。

(自分の仕事が遅い、何度かミスを犯してしまったなどの理由で同僚を怒らせた)

具体的に説明するエピソードは多くても3つまでにとどめておきましょう。面接官に愚痴と取られてしまってはNG。

短期で退社をするとどうなるのか?

短期間で会社を辞めると今後にどう影響するのか考えてみましょう。

リスクになること

次の就職難易度が上がる

どんな理由があったとしても、今の日本で高評価を得られることはありません。確実に転職が難しくなります。

年金や健康保険などの請求がくる

会社を辞めた後数ヶ月すると、年金などの請求が届きます。この支払いがけっこうきついので退職後はすぐに就活を始めましょう。

落ちる・モチベーションが下がる

どんなに酷い会社だったとしても辞めれば落ちます。辞める手続き、再就職までの労力などを考えればモチベーションを上げにくいでしょう。

得られるメリット

携わった作業の経験値が上がる

3ヶ月の短期でも1日8時間毎日やればそれなりの経験値を得られます。

  • 以前より手先が器用になった
  • プログラミングの知識がついた
  • エクセル関数の仕組みが分かった

など。成長することができます。

各業界の雰囲気がわかる

今まで全く関係のなかった会社や業種にチャレンジした場合、その業界の風習や慣習など雰囲気を肌で感じられるでしょう。

今後の選択肢に幅が広がります。

ストレスから解放される

これまで我慢してきたものから解放されます。

張り詰めていた緊張から解放され自分の置かれた状況や周りの環境を落ち着いて見れるようになります。

短期退社を繰り返さないために準備しておくこと

面倒でも退社手続きを完璧に終わらせる

既に気持ちが入っていない会社に誠意を尽くすのはなかなか辛いものがありますが、社会人として完璧に終わらせましょう。

これをやっておかずに「どうせ辞める会社だからいいや」と投げ出すと、次の会社でも「なんかあればまた逃げればいいや」となってしまいます。

退社するのは色々大変なんだ。と意識のなかに入れるようにしましょう。

退社前に転職先を探す

辞めるための手続きも大変だと思いますが、同時に次の就職先を探し始めましょう。

面接や説明会など在籍中には難しいかと思うので、ネット登録や面接の予約など事前にやれることをやっておきましょう。

まとめ:次の就職で失敗しないために

今回、短期で辞めることとなった根本原因は、自分に合った会社ではなかったという結論になると思います。

次も失敗しないために大切なことは、自分に合った会社にちゃんと入社すること。

おそらくそれは、プロの力を借りなければ無理だと思います。(自分のことを分かっているようで分かっていないのが自分です)

客観的な目線が必要です。

転職エージェントや転職相談ができる転職サイトを必ず利用しましょう。(無料で利用できるもので十分です。お金は使わないようにしましょう)

おすすめのエージェント

★リクナビエージェント

求人数が多く、マニアックな仕事が豊富

リクナビエージェント>>

★マイナビエージェント

職種が豊富、各地で転職フェア開催中

マイナビエージェント>>


© 2021 次こそ! Powered by AFFINGER5