やりたい仕事がきっと見つかる情報サイト

ワークエッジ

短期退社

【仕事を3ヶ月で辞めたい理由】自分に甘いかどうかは別問題!その会社、我慢して続けるメリットありますか?

更新日:

仕事を3ヶ月で辞めたいのは甘えじゃない

「3ヶ月経っても全然仕事が覚えられない」

「職場の雰囲気に慣れない」

自分だけ取り残されているような孤独感の中、平然を装うのがやっとというあなた、安心してください。その気持ちみんな一緒です。

入社〜3ヶ月までの期間は離職率が高く、精神的にも肉体的にもストレスが溜まりやすい、最も辛い時期といえます。

そこを乗り切ればもう少し楽な気持ちで出勤できるはず…です。

ですが、少し考えてみてください。

「その会社って、我慢して続けるだけのメリットありますか?」 この問いに、「お金のため」「生活のため」「転職先がないから」など、あなた自身を向上させる動機が入っていないのであれば要注意。

人生目線で仕事を選べていない可能性が高いです。 生活するための仕事。人が生きていく上で働くことからは逃れられません。人生と仕事は切り離せないんです。

仕事はあなたの人生を豊かにするものでもあり、不幸への道しるべとなってしまうものでもあります。今の仕事があなたの人生と本当にマッチングしているのかは、今一度しっかり考え直した方が良さそうです。(僕みたいに何度も転職して遠回りしてしまうのは時間がもったいたないですよ)

この記事が『仕事との向き合い方』を見直すキッカケとなれば幸いです。

この記事に書かれていること

  • 3ヶ月で辞めたくなるのは普通
  • 転職3ヶ月以内で辞めたくなる理由
  • 辞めたくなるのは甘えとは関係ない!
  • 最初の3ヶ月を乗り切る方法

仕事を3ヶ月で辞めたいのは普通

入社して3ヶ月は退職者が非常に多い期間となっていて、会社側から試用期間として扱われることがほとんどです。

新しい職場に馴染めずにリタイアしていく人もいれば、仕事が覚えられなかったり、スピードについていけなかったりと理由は様々ありますが、精神的にも肉体的にも最上級に辛い時期といえるでしょう。

だから今、辛いのが普通なんですよ。

間違っても自分だけが辛い思いをしていると考えないようにしてください。

実は僕も過去に正社員として入社した会社を3回ほど3ヶ月以内で辞めたことがありますし、バイトまで合わせるとその倍くらいはあります。

自分で言うのもなんですけど、多分これくらいなら普通じゃないですか。特に珍しい経験でもないと思います。

転職 3ヶ月の壁を乗り切ってる人もいる

だけど、その壁を乗り切り天真爛漫に仕事に打ち込んでいる人もいます。

それもまた普通なんです。

でも、あなたはこう思っているはず。「もうこれ以上こんな苦しみを味わいたくない、できることなら、そっち側の人間になりたい」と。

では、その壁を乗り越えてきた人と今まさにその壁にぶち当たってるあなたにはどんな違いがあるのでしょうか?

こちらについては、後ほど詳しくふれていきますが、自分に甘いかどうかは全く関係ないです。

持論ではありますが、それを左右するのはもっと別な根本的な部分の違いだと思っています。

→成功の秘訣はこちら

仕事を3ヶ月以内で辞めたくなる理由「慣れない・覚えられない」

せっかく入社した会社でも辞めたくなることだってあります。

その理由は、思ってた内容と全く違ってた、残業が多すぎてプライベートの時間が全く取れない、とんでもないモンスターが潜んでいたなど様々あります。

どういった理由が多いのか紹介します。

みんなの退職理由

  • 仕事を覚えられない
  • 仕事に慣れない
  • 職場環境が合わない
  • 職場の雰囲気が最悪すぎる
  • 上司からの暴力(パワハラ)
  • セクハラ
  • 給料が安すぎる
  • 給料の差(査定基準が不明確)
  • 面接時条件と給料面の待遇が違った
  • 入社前の説明と配属先が違った
  • 残業が多すぎる
  • プレッシャーがすごい
  • 上司と全く合わない
  • 求められている技量が高すぎる
  • 職場から自宅までの距離が遠すぎた
  • よく分からない暗黙のルールが無理
  • 組織ぐるみで不正をしている
  • 人間関係が上手くいかない
  • 話し相手がいない
  • 仕事のスピードが早すぎる
  • 仕事量が膨大
  • 業務内容をしっかり教えてもらえない
  • 上司が放置状態
  • 上司の口ぶりに明らかな角がある
  • 上司の顔色伺いが疲れる
  • 入社後に、働き始めから半年は給料が低いと言われた(試用期間)

甘えではない!3ヶ月で辞めたくなる自分を責めないで!

「入社したばかりの会社だけど辞めたい」と身内に相談しても、時にこんな言葉で返されることがあります。

「何を甘えてるんだ、たった3ヶ月で仕事の何がわかる!頑張って続けろ!」

はい。でました老害です。悪気があって言ってるわけではないんだろうけど、そんなの聞き飽きたし、そっちこそ俺の何を分かってるっていうんだって感じですよね。

僕らは決して甘えてるわけではない。3ヶ月で辞めたくなる理由がその会社にはあるんです。自分を攻める必要なんて全くないです。

3ヶ月で仕事を辞めた人たちの体験話

人にはそれぞれ色んな退職理由があります。

そして、そのほとんどが自分中心の理由ではなく、会社側に理由がある。と思うんです。

真剣に選んで入った会社です。そうそう見誤ることはないでしょう。それでもダメな場合、ほぼ会社側の対応に問題があると思います。

ツイッターで的確な診断をしている呟き

転職何回もしてきた人間としては夜寝る前に仕事の事を考えて枕を濡らし始めたらそれはやめ時 経歴が〜とか次の仕事就きにくくなる〜とか考えるより それ以上続けたら体もしくは心が壊れて二度と働けなくなる

そもそも仕事なんていくらでもあるから就きにくくなるなんて事は無い。辞めさせたくない会社が勝手に言ってる事だからね 私は新卒で働いた所3ヶ月で辞めたけど現在今まで働いたどの職場より人にも仕事にも恵まれた所で働けてるから…

結局仕事なんて頭の良さとか自分がダメだから…ではなく合うか合わないかなんだよね 仕事が大変でもいい人ばかりだとそれも乗り越えて楽しくなれるし単純な仕事でも周りの人がクソだと辛くて死にたくなってくるし

知恵袋に書き込まれた相談内容

ヤフー知恵袋での転職3ヶ月での相談内容

転職3ヶ月目。向いてなくて辞めたいけど時期尚早でしょうか?

8年勤めた一般事務から商社の営業事務に転職して3ヶ月目の29歳です。 前の会社はのんびりした社風で仕事も比較的マイペースに出来た為、

商社の激務についていけずまいっています。

仕事を教えてくれる先輩は一回り以上年が離れています。すごく仕事のできる方です。 欠員補充で引き継ぎはなく、仕事の合間合間に簡潔に教えてもらうを繰り返しています。 全く初めて関わる商品の受発注、端末システムが複雑で中々理解できず、 教えてもらったことをメモして家でも復習しますが、 いざ仕事が始まると目の前の仕事に追われるあまり、パニックで教わったことが抜け落ちることが多いです。 入力した内容も入力することに精一杯過ぎて覚えていないことが多いです。 全てノートに記入して出荷まで管理し、家でも確認してようやく入力した内容が若干頭に残る程度です・・・。 「営業に確認しておいて」と言われたこともメモしたことすら忘れてしまいます。 何度も同じことを聞いてしまい、呆れられ怒られるたびに萎縮してしまってその次は聞けず、ミスをしての悪循環です。 こんなにも自分は仕事ができなかったのかと自分が情けなくて泣けてきます。 1ヶ月経った頃に「もう1ヶ月も経つんだよ?」と言われ、 2ヶ月が過ぎた先日も「もう2ヶ月も経つのにまだ一杯一杯?別のことも教えたいんだけど」と言われ本当に申し訳なく辛いです。 「今は暇な時期なのに、これで手一杯だったら忙しくなったらどうするの?」 と言われて絶望感しかありません。出来る気がしません。 前職が待遇面で退職した為、今回は待遇のいい会社を選んだのですが、 自分の能力以上の職についてしまったことを後悔しています。 あまりの辛さに再度転職を考えハローワークを見ていても「私にできる仕事なんてあるんだろうか」と落ち込みます。 向いていない、辞めたいと思いながらも慣れるまで辛いのはどの仕事でも当然だし・・・とも考えるのを毎日繰り返しています。 女性は私と先輩の二人しかいませんが先輩とは仕事のこと以外ではほぼ口を聞かず、 (休憩中も向こうも話しかけて来ませんし、仕事が出来ない負い目から私からも話しかけにくい) こんな調子でやっていけるのか不安です。 辞めるなら早い方が良いのでしょうが生活を思うと踏み切れません。 何よりこの程度で辛い、辞めたいと泣けてくること、試用期間からそこまで求められるの?と考えてしまう自分が甘いのかもと思うと誰にも相談できません。 私が甘いだけでしょうか?辞めるのは時期尚早ですか? 引用元:Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14128936429

 

その会社、我慢して続けるメリットありますか?

心が折れるまで、体を壊してまで働く必要なんてあるのでしょうか。皆、生活のために働きます。でも、働くために体を壊してしまっては本末転倒、何のために働いているのか分からなくなってしまいます。

確かに、短期で辞めるのは勇気がいります。 「根性なし」 「そんな奴はどこへ行っても一緒だ」 もしかすると、こんな心無い言葉を浴びせられることもあるかもしれません。それでもいいんです。言いたい人には言わせておけば。

3ヶ月で仕事を辞めて大丈夫?

もちろん大丈夫です。何の問題もありません。 基本的には退社する1ヶ月前に退職届を提出すれば、会社側があなたを引き止めることはできません。(各企業によって退職の3ヶ月前や6ヶ月前など就業規則によって差があるので確認しましょう)

円満に退社するために大切なことは、次の3つ。

円満退社のポイント

  • 必ず自分の口で上司に伝える
  • 会社を否定したり上司を非難するような理由は控える
  • 仕事の引き継ぎを完璧に終わらせる

 

次の就職に影響するんじゃないかと不安だという人もいると思いますが、何十回も短期で辞めたりしていなければ、行動力や決断力といった面で評価されることもあります。

 

ただし、どこの人事担当も上記のような考え方の人ばかりではないので、面接時に話す退職理由に関してはポジティブな印象を持たれる言葉を用意しておきましょう。

短期退職後の対策についてはこちらの記事でも詳しく紹介していますが、面接時のポジティブな退職理由について簡単に紹介すると、

「以前の職場では上司の方に教えていただいたことをなかなか覚えられず、その方に叱責されてしまうことが何度かありまして、耐えられずに退職をしてしまいました。ですが、上司の方が悪いのではなく、私が教えていただいことをすぐに実行できなかったことが一番の問題だと捉えています。この反省点を踏まえ御社に応募させていただきました。それは、募集されている業務内容が私の得意とする分野であることです。私が得意とする分野であれば覚えも早いと心得ていますし、以前と同じことにならぬよう教えていただいたことをその場でメモを取り、記憶と記録に残すようにすることで教えていただいたことを一度で覚えていきます。入社させていただいた暁にはいち早く一連の作業の行程を習得し、チーム全体の効率アップを目指します」

 

このような感じで、自らの非を認めた上で改善点を示し、志望動機と繋げることができれば、短期退職のマイナス分が薄れていくかと思います。(実際に僕はこれに近い文言で大手自動車関連の面接で合格しています。)

 

参考
中途入社3ヶ月だけど続かない退職
【転職後 3ヶ月】中途入社した会社をストレスで短期退職しても今より格段に良い会社に就職することはできます!

中途入社でやっと入れた会社でも、すぐに嫌になってしまうことは往々にしてあります。 入社当時は、作業も簡単で働きやすい会社だろうな、この会社なら長く続けられそうだと思っていても、いざ続けてみると想像して ...

続きを見る

「心機一転」次の土俵でしっかり戦うために大切なこと

やはり一番大事なことは、自分が戦える土俵をしっかりと選ぶことです。転職探しでよくある傾向は、「自分がやりたいこと」と「自分ができること」を混同してしまうパターンです。

自分がやりたいことというのは、例えば、

  • 「給料がいい」
  • 「汚れない」
  • 「冷暖房完備」
  • 「無料の社員寮」

確かに魅力のあることばかりで、目を引く仕事かもしれません。でもですよ、仕事の内容には一切関係ないことばかりを追っていませんか?

人生レベルで仕事(就職先)を考えるのであれば、待遇面は付属するもので第一優先に考えるものではありません。自分にできる仕事を探したうえで、待遇面を考慮するべきだと思います。

ついつい混同してしまうという人はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

適職探し
やりたい仕事がないニートは希望が見えない
【ヤりたい仕事がない!】適職が見つからない原因と4つのパターン別に転職先を探す方法

そろそろ就職しなきゃと焦りはするけど「自分に向いてる仕事が分からない」 長い間ニートをしていたり、ヤりたいことがないからとりあえずフリーターになったという人が陥ってしまう社会復帰するための洗礼ともいう ...

続きを見る

転職は職選びの時点で成功するかどうかはほぼ決まっている

くどいほど言ってますが、「転職が成功するかどうかは職選びの時点で決まっています」

短期で辞めてしまう原因は様々ですが、そもそも就職先を誤った時点で結果はほぼ決まっています。

まずは、等身大の自分をしっかり受け止めて職探しをしてください。等身大と言ってもわかりにくいですね…。

では、あたなの好きなこと、得意なことを10個以上思い浮かべてみてください。さらに、その項目をランク付けしてみてください。

30秒以内でパッとでましたか?

言えた人は等身大の自分を理解できてる可能性が高い人です。好きなこと、得意なことをベースに適職を見つけてください。

言えなかった人、簡単なようだけどほとんどの人ができないんですよね。その時々で「これ好きだわ」とか「これ楽しいわ」とか感じることはあっても、いざ、10個挙げろと言われてもなかなか出てこない。

職選びは、自己理解の元に成り立ちます。

→できることを探す唯一の方法

失敗を繰り返さないための入社後3ヶ月の立ち振る舞い

転職が成功するかどうかは職選びによってほぼ決まると言いましたが、もちろんその他に付随する要素もあります。

残りの要素は入社後3ヶ月でのあなたの立ち振る舞いによって変わってくるのもまた事実。 早く職場の雰囲気に慣れたい一心で闇雲に職場のコミニティにドカドカ入っていっては同僚たちに敬遠されてしまいます。

入社3ヶ月までのポイント

この時期はあなた自身、仕事を覚えたり、職場の雰囲気に慣れていったりと大変な時期ではありますが、周りの同僚たちもあなたがどんな人間なのか品定めをする期間でもあります。

この時点で、「ダメだなこいつ」と思われてしまっては挽回するのに倍以上の期間がかかってしまいます。そうならないためにも、ある程度の節度を持ってコミニティーを広げていきましょう。

職場に馴染む3つのポイント

  1. 同僚どうし複数人の会話にいきなり入らない
  2. 持ち物運びなど目の前で大変そうな仕事している人がいたら手伝う
  3. 教わったことは必ずメモを取り復習する

3ヶ月後に起こる変化

入社当時はどうしても余分な緊張をしてしまったり、気を使いすぎてしまったりと疲れることばかりですが、3ヶ月もすればそういった気持ちもある程度は落ち着いてきます。

3ヶ月後に見えてくるもの

  • 緊張がほぐれてくる
  • 名前と顔を覚えてもらえるし、自分も同僚を覚えられるようになる
  • 当初見えなかったものが見えてくる
  • 不思議に思っていたことが理解できるようになる
  • ルーティンの仕事ができてくる
  • 仕事にリズムがうまれる
  • 話し相手ができる
  • 職場の人間模様がうっすら見えてくる

3ヶ月も経てば、職場の良い面悪い面の両面が見えてくるようになります。もしかしたら、派閥なども見えてくるようになるかもしれませんが、まだ力のないあなたが偏った態度をしてしまうと、両サイドから一斉攻撃を受けてしまいかねないので、目立った行動は控えるようにしましょう。

まとめ:短期退社は決して悪いことではない!次のステージへ上がる道しるべ

入社して3ヶ月で会社を辞めることは、世間的にはあまり良い印象ではないかもしれません。ですが、海外では当たり前のことで、個人の権利、主張が尊重されます。

これから世の中どんどん色んな経験を重ねた人が重宝される時代に変わっていくはずです。

パソコンもできて大型トラックも乗れて、レジ打ちもできる。今まではこんななかなか人材いませんよね。例えば、あなたがコンビニの経営者だとしたら、こんな人材欲しいと思いませんか。

売掛けの管理を計算ソフトでやってもらって、万が一の在庫切れにはトラックで商品を配送してもらい、パートのシフト崩れ時にはレジに入ってもらう。

こんな人いたら助かってしょうがないので時給上げたくなりますよね。

こういう人材が評価されるということは、色んな仕事を経験すればするほど経験値が上がるということ。ランランク上のステージに上がるために転職は不可欠になってきます。

どうか、退社をネガティブに捉えず、ぜひ前向きに捉え次のステージへどんどん登っていってほしいです。

-短期退社
-, , ,

Copyright© ワークエッジ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.